NEWS&TOPIX

日本地域看護学会および韓国地域看護学会 第2回日韓地域看護学会共同学術集会
「保健師の仕事に対する満足度と参画力や効き脳との関係」が発表されました

2011.07.18

島根県立大学短期大学部看護学科と弊社との共同研究「看護者の職種や活動領域・分野等の違いによる“効き脳”とキャリア形成」の一環として、第2回日韓地域看護学会共同学術集会において発表されました。

【主 催】日本地域看護学会 韓国地域看護学会
【テーマ】Challenge and Innovation on Community Based Nursing.
【会 期】2011年7月17日(日)・18日(月)  【会 場】神戸市看護大学
【演 題】
保健師の仕事に対する満足度と参画力や効き脳との関係 PDFデータで閲覧頂けます(日本語)
The Relation between Job Satisfaction, Participation (Sankaku-ryoku) and Brain Dominance Preference of Community Nurses PDFデータで閲覧頂けます (English)
【研究者名(敬称略)】
 筆頭発表者:吾郷美奈恵(島根県立大学短期大学部 出雲キャンパス 教授)
 共同発表者:石橋 照子(島根県立大学短期大学部 出雲キャンパス 教授)
       梶谷みゆき(島根県立大学短期大学部 出雲キャンパス 教授)
       三島三代子(島根県立大学短期大学部 出雲キャンパス 准教授)
       今野香織(フォルティナ株式会社 ソリューション開発部)

以上


【島根県立大学 短期大学部 出雲キャンパスについて】
http://www.u-shimane.ac.jp/index.html
出雲キャンパスの前身である出雲の看護短期大学は、平成19年4月、浜田の島根県立大学、松江の島根女子短期大学との大学統合によって、公立大学法人島根県立大学となる。
出雲キャンパスの看護学科及び専攻科の2007~2009年度の看護師、保健師、助産師の合格率は、いずれも85%を超え、就職率も2009 年度で97%(県内51%、県外77.3%)と高いものとなっている。

会社情報 |  お問い合わせ |  お申し込み |  よくあるご質問(FAQ) |  お客様の声 |  利用規約 |  プライバシーポリシー |  サイトマップ